オンライン英会話のレッスンは画面の大きなデバイスで受けるべき!

TIM

オンライン英会話のレッスンを受ける時、あなたは何のデバイスを使っていますか?

PC?それともスマホ?はたまたタブレットやipadなども利用できますよね。

要はスカイプ、ZOOMなどオンライン英会話の各スクールが指定しているアプリが利用できさえすればOKなわけなので、デバイスは自在に選べるわけです。

僕自身も息子のレッスンや僕自身のレッスンにおいて様々なデバイスを利用してみましたが、その中でもやはりこれがベストだなーと感じているものもあるし、いろいろなシーンにおいて使いやすいもの、使いにくいものが存在していると実感しています。

今回は、主にPC、スマホの両者のメリットデメリット等を中心にお伝えしていこうと思います。


大きくて見やすい

オンライ英会話のレッスンを受けるにあたり大事なのは、やはり画面が大きくて見やすいことだと感じます。

英会話なので音声だけでも本来は良いのかもしれませんが、せっかくのビデオ通話なので。

ビデオ通話だと先生の表情を見ることができます。

特にフリートークのレッスンの場合などは、先生の表情をみることで

  • 自分の言っていることが伝わっているか
  • 今一つ伝わり切れていないかな

これを推察することが可能です。

英会話は語学なのですが、それ以前にコミュニケーションです。

相手との意思疎通であることを意識しないと上手くいきません。

伝わり切れていないようであれば

  • 別の表現を遣ったり
  • わかりやすい例えなどを用いて説明し直す

などの対応が取れるようになり、より良いコミュニケーションが可能になります。


カメラ越しに資料を見せる先生もいる

前述の画面が大きくて見やすいというポイントに追加する内容となりますが、カメラ越しに紙やホワイトボードに書かれた資料を映して見せてくる先生がいます。

気付いたことをピンポイントでササっと手書きで表現して、それを見せて解説してくれるようなケースです。

この場合、画面が大きい方が断然見やすいです。

といより、画面が小さいととても見にくいんですよね。

せっかく先生側が伝えようとしてくれていることがダイレクトに伝わりづらい状態になってしまうので、やはり画面が大きい方が絶対的に良いです。


スクリーンシェアの際にスマホだと正直見えない

新たなテキストに移ったり、テキスト教材を買わずにレッスンを受けるような場合、先生がスクリーンシェアとしてくれます。

スクリーンシェアとは、先生が持っているデジタルテキストを生徒側のスクリーンに映し出して共有する仕組みです。

生徒側からすると自分の画面で先生がシェアしてくれたテキストが見れてしまう状態になります。

とても便利な仕組みなのですが、正直、スマホだとほぼ見えない状態です。

息子は「いや、結構見えるよ」と減らず口をたたいていましたが、見やすいか見にくいかを訊ねると「見にくい」と本音を漏らしていました。

僕自身もたまたま持っていたテキストのバージョンが先生と合わず、スクリーンシェアをしてもらったのですが、その時、スマホだったんですよね。

なので物凄く字が小さくて、やっとなんとか見える程度でスムースなレッスンにはならなかったです。

先生にも申し訳ないなと思いましたしね。


オンライン英会話のレッスンは画面の大きなデバイスで受けるべき!まとめ

今回はレッスン時の画面の大きさについてお伝えしました。

レッスンでは先生が何を見せてくるかわかりません。

毎回違う先生を予約しているような時は、尚更予測がつきません。

同じ先生でテキストに沿った授業をずっとやっていても、稀に、資料を示してきたりすることもあります。

オンライン英会話のレッスンはどこでも受けられるのがメリットなのですが、やはり、大きな画面を遣えるパソコンやタブレットPCが圧倒的に使いやすいです。